どうしてトヨタがつつかれないか

三菱は燃費データの改ざんでつつかれ、スズキもある意味メリットとなるようですが、こちらも燃費テストの方法を間違ったことによってつつかれているわけですが、カタログ燃費と実燃費があまりにもかけ離れている状態はどこからもつつかれません。
日本の自動車メーカーの中でカタログ燃費と実燃費が大きく違うということを常々言われて続けてきたトヨタは今まで燃費に関して一度も話題になることがありません。 Continue reading

各自動車メーカーの得意分野を見抜く

車を購入するときにこの車でなければだめとか、この車を買うのが目標なんて、もうすでに車種が決まっている方はいいですが、ここ最近の特徴である車だったら何でもいいとか、燃費のいい車なら何でもいいというようなほとんど車種が絞り込まれていない状態ではなかなか車選びも大変です。
車を選ぶには1つでもいいから「こんな車」という条件を作ったほうが選びやすく、更に購入してから後悔するようなことも少なくなると思います。 Continue reading

トヨタ・レーシング・ディベロップメントとは

TRDと聞くとどこかの夢の国?と間違いそうですが、正式にはトヨタ・レーシング・ディベロップメント。名前のとおりトヨタのレーシング部門を生業としている会社です。実際にレース活動をしたり、そこからフィードバックされた技術をもとに市販車用のアフターパーツを製造・販売しています。
トヨタと聞くと、最近だと「86」の発売時にトヨタが公式に「改造して楽しむ車」みたいなことをアナウンスしていましたが、やはり真面目な会社で車の改造なんか認めなさそうなイメージもあります。実際には結構前からこのTRDからいろいろなパーツが販売されていました。「86」発売時にはやはりトヨタ公式(とはちょっと違うのかな)ということで、86用のパーツがかなり売れたらしいです。レース活動もしているので、見た目だけのなんちゃってパーツとは違うという安心感もあると思います。 Continue reading

燃費がすべての日本のエコカー

エコブームために日本の、いや世界までもつまらない車ばかりを作るようになりました。
それは自動車メーカーのWebサイトや広告などを見ればすぐにわかるのですが、どんな車でも「燃費○○達成」だとか「○○クラスナンバーワンの燃費」などという宣伝文句が一番目立って書かれているのです。
要するに「燃費が良ければいい車」という間違った常識が作られているという事で、今後の自動車界にとって悪い影響を及ぼす可能性があります。
そもそも自動車って何でしょうか。 Continue reading

日本で扱いやすいのはフランスの車?

ヨーロッパの車というとドイツやイタリアなどの高性能モデルを思い浮かべますが、ヨーロッパの人間がすべてそういった車に乗っているわけでもなく、日本と同じようにいわゆる大衆車などもよく乗られているのです。特にフランスの車は価格が安く、ボディサイズのコンパクトに作られている大衆クラスのものが多いので、国籍問わずヨーロッパ圏内では普段の足としてよく使われています。
フランスの車がどうしてこういった車が多いのかというと、たとえば首都パリの中心部の道路網を見てみるとよくわかるのですが、非常に細い道路が入り組んでいるのです。まるで東京の下町のような道路がたくさんあるので、この道路サイズに合わせた車作りがされているということなのです。 Continue reading

給油ができない高速道路

魔の高速道路と呼ばれるエリアをご存知ですか?この間テレビでやっていてふと気になったので書きとめておこうと思ったのです。南九州には200キロ以上もガソリンスタンドがないエリアが多数存在しています。ガス欠になったら、普通の道路でならまだしも高速道路でガス欠をおこしてしまったら大変なことになります。ガス欠などで止まってしまうと渋滞を引き起こしたり、事故の原因にもなりかねません。高速道路を利用するときはよくガソリンスタンドの場所の確認と、乗り込む前の給油がとても大切です。まあこのあたりはテレビの受け売りなのですが、本当に大切なんだと思いました。 Continue reading

自動車メーカーのスポーツパーツはかざり

ディーラーで販売しているスポーツパーツといわれるものはすべてその自動車メーカーやその関連企業が作り出したもので、きちんとした付け方をすればすべて保安基準に適合したものとなります。
しかし、安全運転を推奨する自動車メーカー製となるとその車のエンジンパワーが上がることはあまり好ましくなく、例えば、RALLIARTやNISMO、TOMS、無限など自動車メーカーのモータースポーツ部門の名前やG’sなどスポーティシリーズの名前が付いているパーツだといっても大きなパワーアップを望むことができません。
スポーツマフラーだといっても車検対応マフラーであり、2~3psのパワーアップや少しトルクが太くなった程度のもので、音が少し変わることを期待してつけるようなものなのです。 Continue reading

車を売りたいけどローンが残ってる

自動車の買取の場合に、ローン残債が残っている事もあると思います。ローン残債はローンを組んだ会社に問い合わせると、その売却したい月の返済額を教えてくれます。その金額を振り込むとローンがなくなるという形になりますね。
新車を購入した販売店で、違う新車を買う場合には、その販売店でローンを手続きした場合には、大抵は販売店側である程度はやってくれますので、手間が少し省ける形になります。買取り店では、ローン残債額があってローン金額よりも買取り額が高い場合には、大抵は代行してくれます。ローン金額の方が多い場合には、ローン金額を買取り店に持っていくか、買取り店で車を購入する場合には、ローンの組み直しをしてくれますので活用すると良いでしょう。自分で全て手続きをするとかなり面倒な手続きを踏まないといけませんので、どのような手続きをするのかを調べておく必要があります。 Continue reading

タイヤチェーンはサービス外

冬となると東京でも雪が降ることがありますが、そういったときに必要なのが雪用のタイヤやタイヤチェーンといわれるものです。
雪用のタイヤは現在ではスタッドレスタイヤが使われることが多く、タイヤショップには秋ぐらいから店頭にスタッドレスタイヤがたくさん並ぶようになります。
スタッドレスタイヤをつけていれば多少の積雪や凍結路なども比較的安全に走ることができるので、今のところ一番安全な雪対策品といっていいでしょう。
それに対してタイヤチェーンは、雪が降った時だけ取り付けるという性格のものですので、雪が降り始めて積もる兆しが見えたら慌ててつけることが多いようです。
しかし、日ごろから自転車と同じ感覚で車に乗っている方にとっては、タイヤ1つも交換することができないので、タイヤチェーンを取り付けることなど神業に近いものとなるのです。 Continue reading

トヨタの子会社、ダイハツ

軽自動車を中心的に作る自動車メーカーといえばダイハツとスズキが有名ですが、資金力の面でいえばダイハツにかなうはずはありません。ダイハツはオート三輪などで一躍有名になった自動車メーカーで小型車から軽自動車を得意とするところです。当初は独立した企業としていろいろな車を発売してきましたが、小型車以上の車に手をだし、それが失敗したことによって大きな損失を受けてしまいました。 Continue reading